【kakudaiAC】AIが画像を拡大する?超解像AIによる高解像度の画像生成ツールが無料公開中

ツール紹介
この記事は約3分で読めます。

ACワークス株式会社さんより、AIが画像を拡大するサービス「kakudaiAC」が公開されました。

画像をアップロードして1クリックすれば、AI が無料で画像を綺麗に拡大できる!

特別な操作もなく、かんたんに最大16倍まで拡大してくれます。
最新のAI技術なのに利用料は無料です。

利用前に必ず【利用規約】・【プライバシーポリシー】を確認してください。

高解像度の画像生成ツールの使い方

使い方はとってもかんたん。

ドラッグ&ドロップでJPG形式かPNG形式の画像データをアップロードするだけ。

対応している拡大サイズは?

拡大サイズは豊富で、2倍・4倍・8倍・16倍から選べます。
ノイズ除去やシャープ機能の設定も可能。

カレーパンは比較に向かないね!

なぜ拡大縮小すると画質は劣化するのか

Windowsに標準搭載されているMicrosoft Paintなどの画像編集ツールを使って画像を拡大すると、ピクセルに指定されていた色情報が書き換えられ、エッジがぼやけたりノイズが入ったりと画像の品質低下が起こります。

ラスター画像
コンピューターで扱う画像の表現形式の一つ。
写真などの複雑な画像の表現に適してるが、画像の縮小・拡大・変形には向かない。

ベクター画像
微妙な色のグラデーションを表現できないが、画像の縮小・拡大・変形には向いている。

なぜ画像品質を損なわないのか

「ESRGAN」というディープラーニングを使ったAIモデルを利用し、写真の細部まで自動生成し、画像品質を損なうことなく写真を拡大することが可能です。

敵対的生成ネットワークについてwikiなど見て色々と調べてはみましたが、ほんのちょっとだけしか理解できませんでした。。。むずかしい。

ESRGANはGAN(敵対的生成ネットワーク)をベースとした画像の超解像技術です。低解像度と高解像度の画像のペアをデータセットとし、生成ネットワークが低解像度画像から高解像度画像を生成したものと、元の高解像度画像とを比べて、判別ネットワークにどちらが元の高解像度画像化を判別させます。これにより、画像の欠けている細部を自動で補い、低解像度の画像から高解像度の画像を生成します。

https://kakudai-ac.com/

さいごに

最新のAI技術でキレイに画像を拡大できる「kakudaiAC」。

キレイに拡大された画像も無料でダウンロードできるので、「保存した写真をポスターサイズで印刷したかったけど・・・」とか「ブログの素材で撮影したけど、もうすこし拡大したかった・・・」などの問題も解決するかもしれませんね。

無料ですので気軽に試せます、ぜひお試しあれ。

kakudaiAC(ACワークス株式会社)
https://kakudai-ac.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました