【Microsoft】Office2010のサポートが終了!継続利用中の人は気をつけて!!

Windows10
この記事は約3分で読めます。

Office 2010 のサポートが 2020 年 10 月 13 日に終了しました。

サポートが切れたからと言ってバッサリつかえなくなるわけではなく、「新しく拡張機能が追加」されたり、「新しいセキュリティ更新プログラムが提供」されたりしないだけであってOffice 2010は引き続き利用可能です。

サポート終了について

・今後 Microsoft は、Office 2010 のテクニカルサポート、バグ修正、セキュリティの修正プログラムを提供しません。これにより、脆弱性が報告または発見される可能性があります。 セキュリティ更新プログラムは、有害なウイルス、スパイウェア、およびその他の悪意のあるソフトウェアから PC を保護するためのものです。

Microsoft Update から Office 2010 ソフトウェアの更新プログラムを受け取ることはなくなります。

電話やチャットのテクニカル サポートを受けることはできません。

コンテンツをサポートするための更新プログラムは提供されなくなり、ほとんどのオンライン ヘルプ コンテンツが削除されます。

Microsoft Web サイト」から Office 2010 をダウンロードできなくなります。

Office 2010 のサポートの終了

ザックリ書いてしまえば「マイクロソフトからのサポートを一切 受けられない状態になった」ということ。
脆弱性が修正されない状態を狙ったマルウェアなども多くありますので、特別な理由が無い限りは利用を中止するのが正解です。

脆弱性を放置し続けることになるため、どうしても被害を受ける可能性が高くなります。

継続利用に伴うリスク

IPA(情報処理推進機構)も”複数の Microsoft 社製品のサポート終了に伴う注意喚起”として、2019年1月~6月末までの「脆弱性の深刻度別」の割合を出しています。

IPA公式:複数の Microsoft 社製品のサポート終了に伴う注意喚起 より

Office 2010の脆弱性の深刻度別割合については、最も深刻度の高いレベル3の割合が合計22件中12件(全体の55%)でした。

サポート終了後に間違いなく「新たな脆弱性が発見される」ことが想定されます。

対策

マイクロソフト公式:ご存じですか? Office にはサポート期限があります より

サポートが継続しているソフトウェア製品に移行するか、Office 2010の利用を中止するか以外に方法はありません。

サポートが継続しているソフトウェア製品に移行
「Microsoft 365」 または 「Office 2019」の利用を検討してください。
※補足※
・Office 2013は2023 年 4 月 11 日 に延長サポートが終了
・Office 2016は2025 年 10 月 14 日 に延長サポートが終了。

Office 2010の利用を中止
Office 2010の利用を中止し、必要に応じてOffice互換ソフトの利用を検討してください。
※互換ソフト:WordやExcelなどと互換性のあるオフィススイートのこと。

最後に

Office 2010ももちろんですが、2020年1月14日には「Windows 7」と「Windows Server 2008」、「Windows Server 2008R2」のサポートも終了しています。

「Windows 7」は「Windows 10」へと、「Windows Server 2008」と「Windows Server 2008R2」は「Windows Server 2019」または「Azure」へと、最新環境への移行をお早めにご検討ください。

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました